sponsored link


危険を感じて避難したけど何事もなく無事帰宅した話です。

はしょって書くと一行で終わりです。( 一一)
そんなもんです。



備忘録と注意喚起も兼ねて記したいので残しておきます 



《台風19号》

・・・来る前から巨大でヤバイというのは報道で知っていたが、週末は11日に旅行の予定が入っていた。
最初の台風の予想がちょっとずれていたので、大丈夫だろうと行く気であった。
移動するときさえ当たらなければ大丈夫だと思っていたのである。

しかし直前に台風の進路が固まってくると、これはマズイのでは・・・とにわかに焦る。
前日になってやっぱりやめようと決断しキャンセル。
自宅でおとなしくやり過ごそうと、食糧など買い出し、水など備蓄し、まあ停電、断水対策さえしとけばいっかなーと思ってた。

我が家はペットがいるので、真夏だったら停電が心配だけれど
そうでないので最低水があればなんとかやり過ごせると思ってた。


12日は朝からピロリロピロリロ緊急メールみたいな?あれがうるさかった。(位置情報の設定してないから?いろんな地域のが入ってきちゃうのでずっとうるせー状態)
避難勧告とかの段階で避難って正直早いよなー と思ってた。

今回は風よりも雨がヤバそうな感じだった。除湿機の水をバルコニーに捨てようとしてドア開けたら一瞬でずぶ濡れになった。雨の一粒が今まで感じたことのない大きさだった。
・・・これは確かにヤバい気がする・・・
この時点で13時くらい。 まだ上陸もしてない、かすってる段階。

うーん、うちはちょっと(ほんのちょっとね)裏の家より高いから浸水したりはないだろうけどどうだろうか
家つくるときに、でーじょぶだろ って程度で火災保険の水災を外したくらいだし
近所の用水路が溢れてもたぶんここまではこないだろうし・・・

ちょっと川の様子でも見てくっか★(・ω・)

あ、ネットでですよ~
70代のジジイがよく流されてるけど、マインドは私も同じなんです。見たい。どんなんなってるか。
そんなジジイやじうまマインドによってうっかり流されて死にたくないので、もっぱらネットで河川の定点カメラを閲覧してます。(河川のホームページ等で閲覧できます)

今はSNSで実際にやじうまたちが画像や動画をあげてるので、一歩も家から出ずにネットでだいたいの外の状況が把握できます。

ここらへんを流れる大きな川は相模川で、それゆえに支流もあり、田畑もあるので用水路もある、
まあ日本全国どこでもこんなようなもんですよね、特に平地は。ちょっといけば川に当たる。川に囲まれてます。


14時の段階で、もう支流含め見たことない水位で、あーこりゃ大変だー、
まだ台風上陸もしてないのに・・・これから上陸にかけて雨足が強まったらどうなるんだろう
と、まだ他人事みたいに思ってた。

14時過ぎに、「城山ダム放流」の緊急メール。
ぱっと見ただけで、あ、じゃあこの定点カメラの画像は、もう放流した水位なのだな~
と勝手に勘違いした。

ん?? と思ってよく見たら、
「相模川氾濫の恐れ 城山ダムにおいて緊急放流が17時から見込まれます 大規模な水害が発生する恐れ」
の文字・・・!!!!

今から・・・・しかも17時  まだ上陸してない
これからさらに降ってもうアップアップの水位の状態で放流したら・・・

家は相模川のそばってわけではないが、支流含め同時多発的に氾濫したら無事では済まないだろう。裏の家よりちょっと数十センチ高いとかまったく歯が立たないことになるのじゃないのか?
2メートルの水が街を覆ったら・・・とか考えるとどこにいても一緒な気がする。
ここで相次いで支流も氾濫の恐れというメール!!

相模川が大規模に氾濫したことってない気がする。私が生きてるあいだに見たことないはず。(あったらすんません)
だから最悪の状態がわからない。
しかし頭の中に浮かぶ映像は、まちがすべて飲み込まれてヘリコプターから災害のつめあとを映し出すあの映像・・・

また更新された定点カメラの画像、さっきよりひどくなってる・・・
はっ と気づき、そういえば宮ケ瀬は?(もういっこダムある)
宮ケ瀬も放流されたら氾濫じゃすまん、100%どっか決壊する


逃げよう。


夫と一瞬で決めて、決まったらもうすぐにでも仕度してはやく出ないといろいろヤバイ。

避難先は実家。ペットがいるので実家一択。
実家は同じく県内だが土砂崩れの心配のない高台。
加えてガレージがあるので車が守られる。
家はもうどうしようもないとして、みすみす車までやられるのは避けたいという選択も兼ねて。
田舎暮らしでペットがいると車は生命線。
しかしはやく出ないと車で脱出も危険を伴う。

もうこのときの心理状態は経験したことない緊迫そのもの。
こんなに慌てるんならもっとはやく決めておけばよかった・・・・

車に積み込みはじめたけど、暴風雨のときに外ってそういえば出たことない。
鉄板とか飛んでくるなよ~ と祈りながらすばやく荷物を押し込む。
ほとんどがペット用品で埋まった。自分は行った先が実家だからどうにでもなる。
これがペット抱えて避難の課題・・・実家がなかったらどうしてた?

しかしんなこた今はいいからはやくはやく!とペットをケージに押し込み脱出。
決めてから15分かからず出発できた。


それまで、友人や、夫は会社の人と
「台風ヤバくな~い?」 的なのんきなメールを交わしていたが、
やはり緊急放流の速報を受けてほぼ全員避難した。
家に残る組も、二階以上に貴重なものは上げ、ぼけーっとただただ過ぎるのを待つという人はいなかった。
こんなことははじめてだ・・・


我が家も、台風が近づいてきてかつ放流がはじまる17時までにこのエリアを出ないと車ごと危険だが、
15時すぎには出発でき、道路の状態も危険でなく混んでもなかった。


実家の高台近辺のエリアは、コンビニも普通に開いていたし、人も歩いていて車もごく普通に走っていた。
水害の心配がないエリアは、風さえ強くなければ関係ないっしょ★くらいの感覚なのだなあと思った。
犬の散歩してる人までいた。さきほどの緊迫感が嘘みたいな光景があった。拍子抜けした。


実家に無事について、荷物をおろしたときに気づいた。
積んだ食糧の中に、出がけに最後に無意識につっこんだものがあった。
おやつに食べようと前日に和菓子屋さんで買った栗蒸しようかんであった。
家の中の家電や貴重品なんかは二階にあげる暇なく捨てる気で出てきたのに、
お世話になるから手土産にって、ようかんをつかんで持ってきた自分のオバサン魂に爆笑した。
やっぱ気が動転してたんだな。変な行動するんだな。


ここからはもうテレビとネットを交互にみて17時の放流を待つ・・・・

と、緊急放流回避のニュース。ダムがぎりぎりの判断をしているのがわかる。
とてもハラハラして情報を追う。
箱根や小田原の雨の被害がテレビに映し出される
もう頭の中は、「頼む~頼む~」ばっかり
何回「頼む~!」て唱えたろう。 何に頼んでんのか 神にか?


徐々に河川の水位が落ち着いてきたのが18時くらいか?(定点カメラの画像)
台風通過のわりにはさきほどより勢いが弱まってる気がした。

追って城山ダムの放流が22時予定、21時30分に前倒し、
なんとなく大丈夫な気がしたので、すんません、ふつーにごろーさんごろーさんイワコデジマ観てた( ̄▽ ̄)

宮ケ瀬の放流もなく雨足も弱まれば、24時くらいまで何もなければ大丈夫だろうと、
日が変わるのを待つ。


無事に氾濫等なく通過。




振り返れば、過ぎてしまえばこんなこと書くのも被害がなかったのだから大袈裟な(笑)
て思うかもしれないけど、判断を誤れば命が危ないというのは今回ほんとうに学んだ。

だいたいそもそも旅行に行く予定であった。しかも目的地のひとつは長野( 一一)(完全にノーマークだった。台風ひどいの関東だけかと思ってた)
旅行をキャンセルしたこともはじめてだし、避難したこともはじめてだ。
確実にペットがいなかったらちゃらんぽらん脳なので旅行に行ってたし、避難もしていなかっただろう。

そしてダムのことなどすっかり頭になかった。

17時に放流を回避してくれたのも奇跡の判断でしかない。
プロの決断にほんとうに敬服します。


たられば がひとつでも違えば何かしらの被害は受けてたはずだ。




そして怖いのは、この話はこれで終わり!でなく、今なお他の地域で甚大な被害が出ていること、
今後同じような災害が一度きりじゃなく起こる可能性が極めて高いこと
毎年同じようなことに何度もさらされたらどうなる・・・?


緊急メールのピロリロピロリロを聞いて うっせーな と思ってるくらい他人事だったことにぞっとする。
今後は避難の判断もはやいうちに決断しようと強く思った




・・・・・・で、喉元過ぎれば~にすぐなってしまうので、
今回避難につかったリュックなどにきちんと避難グッズを詰めなおします。

車が使えたからともかく、使えないパターン、真夏、真冬、
それが地震なのか水災なのか火事なのか
備えが全然なってないなと反省しました。


ちなみにちっちゃい被害でサイクルポートがふたたびぶっ壊れたけどもうそんなのいい。