ウン千万かけて悪ふざけ

てきとう夫婦の家づくり 地元工務店で注文住宅を建てたブログです! 家のことを中心としたあれこれ日記。 不思議メルヘンで魔女っぽいインテリア目指してます★




sponsored link


洗面所ってか、洗面脱衣所? まあだいたい風呂の前にあるやつ。分けてるお宅もあるけど、
なんかさー、うまく言えないんだけど、洗面所ってムカつくよねー

は?Σ( ̄ロ ̄|||)   
ですよね。自分でも何が言いたいのかわかりません。

トイレよりムカつきます。


見たくない場所ナンバーワンみたいな・・・
隠してもみなぎる生活感!みたいな。
綺麗にしようとしても中途半端にチラ見える情報・・・
なんか、なんか気になるの!

子供の頃からよそのお宅の洗面所にドキドキしていた私は変態でしょうか。


歯ブラシがいけないのかなー、わからんけど、

すべての前室ってかんじするじゃん、人の舞台裏、楽屋みたいな。


歯磨くし顔洗うし親父がカーーーッペ!するし育毛剤ぬりぬりするし髭剃るし髪乾かすし洗濯機はごうごううるさいし化粧水ぴたぴたするし風呂にはいるのにパンツ脱ぐし   ・・・みたいな。
ここでなんとか整えて人間になるーーー!
見られたくないこともここでならできる みたいなさ。 お姉ちゃんが腋毛抜いてるかもしんないし。


他人の身支度の工程って、見ちゃいけないものなのにその残り香があるのがそわそわすんのかな。


じゃあお前はどうなんだ  て?
え、別に知りたくない?


私は全然洗面所使わない人です。
歯磨きとドライヤーで髪乾かすしか使いません。
メイクはリビングでしてお風呂で落としてます。髪のセットなんかしない。わちゃーってして終わり。
一日10分もいません。へへ。

対して夫は髭そり二段階(電動シェーバー→カミソリで丁寧に仕上げ)、コンタクトのなにか、髪のセット、鼻毛抜いたりなんやかんやなんやかんや長え!!!!!!!

そう。我が家は夫のほうが洗面所長いんです。
長い = 物がたくさんある。

私は裸眼なのでよくわからないけど、コンタクトのあれこれ、クソ邪魔。アイボンとかデカイし。
なんか変な液に浸けてるし。眼鏡のケースも邪魔だし。
髭のあれこれも邪魔。充電器とかシェービングフォームとか。
ほとんど夫の物に占められてる。


そんでね、生々しさを感じない洗面所ってないかなーと思って画像あさくってるのに、ないの。(私の主観ですよ)
まだ未使用の洗面所でもなんかネロっとしたものを感じるの。
なにが気になるのかね。
洗面台と鏡のセットがいかんのかね。
白を基調にしているのもダメなのかも。
清潔感を感じさせたい=ほんとは汚い場所だからより意識してる  みたいな?


洗面所の掃除がちと面倒なのもムカつくポイントかも。
いろんな液は飛び散るわ、髪の毛は落ちてるわで。


なんか神経質の人みたいになってしまった。
あ、洗面所あんま使わない時点で神経質でもなんでもないか。
では失礼!




sponsored link


Sさんから不穏な電話。

大丈夫ですよ怒らないから。
Sさん、すまなさそうに (実際調整に大変ぽい)
「工事遅れます・・・・」  と。

上棟目前でまさかの延期。
大工さんがいろいろ大変みたい。 詳細は伏せますが・・・、
そんな事情でしたら無理してもしょうがないのでもしかしたら予定してる大工さんじゃない大工さんが施工することになるらしい。

いやー、何がおこるかわからないですね。

大工さんよ、今は仕事のことは忘れてとにかく頑張れ!
そして休め!


でも、もう準備は整ってたので大工さん変更ってなるとてんやわんやでしょう。
Sさん溜め息。

現時点では今後どうなるかの予定が出ないから、出たら電話するっす  だって。
大丈夫ですよ。待ちますよ。


最初引き渡し三月末の予定だったのがゴールデンウイークでも厳しくなってきたあ~
ほんとに建つの?ねえほんとに建つの?
またどうせなんかトラブルあるんでしょ?
どの程度のテンションでいればいいかわからんちん。


でもやっと、家のだいたいの打ち合わせが終わったー。
あとは現場で打ち合わせってか、ぼーっとしてればとりあえず建つ   ・・・予定
いろいろ決めることが済んでやれやれふうですよ。
クロスの最終確認もしてきたし(やっぱり複雑なとこ間違ってた。)
施主支給品を用意すればいいだけー とりあえずね。


長え・・・・・
あっという間って言うけど、
なんかそうでもない。

土地探しから購入に時間がかからなかったから余計その後が長く感じる。
夫はもう家どうでもよくなってる。(_´Д`)
私は、無理矢理にでももっと楽しみたいのに。

なんなんこのテンションの低さ。
土地探してるときが情熱のマックスだったな・・・

はやく柱たたねえかなあ

そしたら復活するでしょ多分

↑このページのトップヘ