ウン千万かけて悪ふざけ

てきとう夫婦の家づくり 地元工務店で注文住宅を建てたブログです! 家のことを中心としたあれこれ日記。 不思議メルヘンで魔女っぽいインテリア目指してます★




sponsored link


なんか悔しいけど(笑)

なにがだ?(・∀・)



近所のホームセンターで買ったスリッパがぶっ壊れて、間に合わせで100均のスリッパ(100均とはいえ確か200円だったような)を夫に与えたら不評で(笑)

てゆーか 「これなんか安い」 ってなんかバレたし。


百均て、いいやつはいいけど、基本ダメだよね\(^o^)/
あ、言っちゃった
百円は百円だよ。
「これは百円でいいな」 て価格と合ってるやつだけだな。使えるのは。
(うちはプラスチックの小物ケース?と、ビニール手袋とメラミンスポンジだな、いつも買うのは)

文房具とか百均で買ったらそっちのが高かったり( 一一)
スーパーのほうが安かったわ! とかあるある。
まあ十円くらいだけども。


ホームセンターのぞいたら、変な柄の便所スリッパみたいなやつしかなくて、

じゃあもうアイツだ、アイツしかいない


で、無印


ほらやっぱ無印なんだよ。そういうグッズは!(`・д・´)

無印飽きたとかいいつつなんだかんだずーっと何か買ってますがね。

浮気しても待っててくれるアイツ・・・みたいな・・・
安定の、たとえに品がない。( 一一)
DSC08410
夏で、床はせっかく無垢なのにスリッパ?
と思いますが、履いたり履かなかったり、履かないとなんかこころもとなかったり、
なんとなくスリッパ生活なのです。

今までの住居がずっとクッションフロアだったので、硬い無垢やフローリングでずっとうろうろしていると足が痛くなるという軟弱具合もあって(;^ω^)

でも普通のスリッパだと夏は蒸れるし、んで、この夏用。
DSC08411
紺のほうはさらっとした生地で、白いほうはでこぼこのワッフル生地。ワッフル生地好き。
お風呂上りもさらっとしてて気持ちいいです。


やっぱこの時期は猫の毛問題もあって、
なんとなく無意識にスリッパ履きたいと思うのね・・・(;^ω^)

毎日こんなだもの
DSC08340
たあ~いへんよぉあーた~ (デヴィボイスで)

これだけ刈ってもハゲない不思議


まあとにかく無印のスリッパ。790円だったかな?
スリッパ価格的にはどうなんでしょう(;^ω^)
まったくわかりません。
プチプラだと500円がライン ってとこかしら?

靴下と同列に考えると安いか??(☆゚∀゚)





sponsored link


先日夫が帰宅して玄関の電気をつけたらうわあああああ!!
と叫んでました。(・∀・)

ドア開けたときに一緒にアシダカさん(軍曹さんって呼ばれてるのなんで?!(笑))入れちゃったみたいで、
わああわああ(;´Д`) と焦ってました。

あ、デカい蜘蛛です。痩せたタランチュラみたいな。


夫が外用のトングみたいな挟むやつで挟んだら、軍曹さんの足三本くらいもげてもーたよ。
(*_*;
ごめん。



そしたら今度はデカい蛾が入ってて、猫は
「ひゃあ、ひゃあ」 て焦って教えてくれるだけで全然役に立たないので、
また夫が追い回して退治してた。



夜中に外で野良猫がケンカしてて、めっちゃうるさくてなんかすごい音がした。

朝リビングのシャッター開けたら、

猫が!!!!Σ(=゚ω゚=;)
ウッドデッキに野良猫が!!


※我が家のウッドデッキは塀で囲っていて外からだと塀が2メートル以上になるので普通じゃ入れません。
しかし野良猫は隣の家の柵や屋根からデッキの笠木に乗ることはできるのです・・・
で、落ちたら当然あがれません。
笠木部分もネズミ返しみたいになってるので(;^ω^)
BlogPaint


こんな状態。


パニックになった猫は、
目隠しにかけてた(塀の1㎝の隙間も気になってかけてる)日よけシートみたいなやつを足場にして、
火事場の馬鹿力的によじ登って去って行った。

あんな人間みたいな登り方する猫はじめて見た。
BlogPaint



いちお塀にはドアがあって内側から開けられるようにはなっているんだけど、
(外からは開かない)

これ変質者とかがよじ登って侵入して一晩デッキで寝ててシャッター開けた時にいたら嫌だなって真っ先に思った。

だから防犯的には窓開けないで開閉できる、電動シャッターがいいんだよね~
災害時的には手動の方がよさそうだけども。(電動も緊急時は手動で開くけどパニクってたら多分無理。)
まあ金があったら電動シャッターずら。


野良猫が一晩いたのでそっこうデッキ掃除したわ。
うちのかぁわいいわんちゃんとにゃんちゃんにノミだのダニだのついたらあーた、どうしてくれるでざます!
( `ー´)ノ



ていう・・・


最初の蜘蛛だの蛾だのどうでもよくなった話でした。


↑このページのトップヘ