ウン千万かけて悪ふざけ

てきとう夫婦とペットの家・暮らしのブログです 主に注文住宅についての本音を垂れ流し中。 不思議メルヘンで魔女の家ぽいインテリア目指してます。

カテゴリ: ちょっと休憩




sponsored link


自分が書いた文章を年月おいて読み返すと人が書いた文章みたいじゃないですか?(;・∀・)

誰ぇこれ書いたの みたいな。
離れてはじめて客観的になるってことかな 

このブログも気づけば7年(!)やってきて、
はじめのほうとか別人とまではいかないけど、まあ今の自分とは違いますよ。一緒か?

あーあーこんなこと書いちゃって みたいなのとか、
こういうこと書く人嫌い(笑) とか自分の事なのに思ったり( ̄▽ ̄)
まあ好きな自分と嫌いな自分をそのまま出してきちゃいました。


そんないろいろ書いた中で、自分が特に印象に残ってる記事、
単純に私が好きな記事を暇なあなたにおすすめします\(^o^)/
全部読んだよ!て人もおさらい( ̄▽ ̄)




・ Sさん(工務店担当者)と最後の日



やっぱり家づくりで引き渡しの日は感慨深いものが・・・・・
とかいってるそばからオチがついた話。
綺麗に終わらないのが象徴してるなー て(笑)
実際はめっちゃ爆笑してヒーヒー言ってたのですけどね。



・ さまよう鎧問題



これはブログをはじめたときにいつか書こうと最初から決めてた記事。
夫が鎧に呪われてる話(笑)
あれからさっぱり言ってこないので確実に呪われてたくさい。




それなのに自分は剣を買っている(☆゚∀゚)

この記事、読むとなんかオタクの早口みたいなテンションで書いてて、
自分大丈夫か?と不安になる・・・

自分は普通の感覚だ、と思ってたけどやっぱちょっと変だな ちょっとじゃないって?




そして、くだらないんだけど好きなシリーズ(ほぼシリーズ化)

・ アマ〇ンにやられまくってるシリーズ



もうこれはみんなに見て欲しくて、くだらないけど(笑)
確かライブドアブログのピックアップみたいなのに載ったので、ありがとう!!て思った(☆゚∀゚)
なんかツボに入ったんですよね~。ずーっと笑ってた。意味不明すぎて。




頼んでないなぞのくちばしが届いて???てなった。
あれどうしたかな~ まだとってあるっけ



とまあ・・・
全部くだらないんですけど


振り返ると人気がある記事はやらかした系&ハプニング系・・・( 一一)

ちょっといいでしょ的な素敵装った記事そんなのあったっけは、
あんまりふるわない(笑)

わ、わたしはやらかすことを期待されている・・・?(((( ;゚д゚)))

まあテンションがそんな感じなのでやらかしてた方が違和感ないのかと思いますので
今後もなにかとやらかしたいと思います(?)m(__)m

おわり。

sponsored link




sponsored link


みなさんおばけは怖いですか
                  

・・・


ああ、いい年しておばけとか信じてるの大丈夫?とかそういうのはいいです。わかってますよ。大丈夫じゃないですよ。(`・ω・´) 

うちには霊感部長がいるので(子供の頃毎晩見てて泣きながら寝てノイローゼになりかけたかわいそうな子(´;ω;`))
信じてあげたいじゃないですか。
あと単純にそういう話が好き(・ω・)


で、
今この家に住んでいて、そういえば怖いとこってないよーな
と思ったのです。
なんかあるじゃないですか、風呂入ってて目をつむると後ろにいる気がして怖いとか
夜、あそこの押し入れが暗いしなんか怖いとかそういうの。

まあ家が狭いってのもあるけど(;^ω^)
そしてもう図太いおばさんなので多少のことが起きてもまあ別に、だけど、
それでもたまに行く旅先なんかで、やっぱ夜のトイレちょっと怖いなーとかあるじゃないですか

これはあれだ、間取りだ。と思ったのです。

hallway-gf7297651b_640
Foundry CoによるPixabayからの画像

・ 単純に、「廊下」が怖い

廊下ってなんのためにあるかっちゅうと、空間を分けるためですよね?
部屋から分けられたその先は、水回り。
トイレとかお風呂です。

人がいて賑やかな空気を纏ってる部屋からわざわざ離された廊下の先のトイレなんてそりゃ怖いに決まってます。
やつらもそれを狙ってくるのです(`・ω・´)
子供の頃夜中に便所一人でいけないとかそういうのも、おそらく部屋の中にトイレがあったら怖くなく勝手にやってたはずです。
なぜ怖いか、安心できる場所から離れているからです。
そして廊下があるだけで、電気つけてないと廊下の終わりがぼんやりして見えなくて、
うっすらなんかいるんじゃないかと想像をかきたてられるってのもある。
もう家に廊下があっただけでおばけ怖い。


・ 出入口が怖い

おばけってどっから入ってくると思いますかね。
元は人間なので普通に玄関や勝手口や窓から入ってくると思いますがね。
壁からぬるーーって自由自在に入ってくるのはなんか、幽霊ってより妖怪な気がする。(勝手な意見です)

なのでこれは廊下とセットの家がほとんどかと思いますが、
玄関から入って廊下、さらに玄関入ってすぐ階段だと、もう真っ先に二階も支配されます。
この時点で家の半分はもう怖いエリア。
子供の頃、自分の部屋のドア開けたらいるんじゃないかと思った妄想も、
開けたらすぐ階段で、その下はすぐ玄関だったから。

DSC_0925 (2)
なんかこんな間取りだった。

これはおばけだけじゃなく、もし変態や泥棒が入っていたとしても同じ妄想。
玄関から自分の部屋まで隔てるものがひとつもないと部屋の前までこられてたらわからない。
こええでござる。


・ 台所が怖い

キッチンじゃなくてお台所って感じの( ̄▽ ̄) どっちでも同じだけど
今はほとんどでLDKが採用されてると思いますが
独立したキッチンの場合ですね。居間の奥、隣にある。
昔の屋敷だと台所は廊下の奥だったり居間から離れてたりとか。

だいたい家の端に台所があって、シンクの横かなんかに勝手口があったり、
そういう間取り。
台所の入り口に玉のれんみたいな。
やっぱり昨今の「見せる」というより「隠す」感じの台所。

LDKだとLの中にKがあるので、長い時間人の空気の中にあるのでなんとも思わんのですが、
台所独立だと、使うときにしか立ち入らないので、暗い時間が長いのですよね。
桶にピチョーンて水が落ちた音だけで怖い。
ひい 勝手口の外に人がいる気がする 怖い。


まあなんかこんな感じ。

あとは窓から人が覗いてるような気がするとか、
屋根裏が怖いとかなんかあると思いますが、
窓は基本シャッターつけたほうがいいですね。
いらんもん見ないで済みます。

なので前述の怖い条件を排除すればおばけ怖くない間取りになる(・∀・) はず。

子供が一人で夜中にトイレに行けるかどうかってのがミソ。

大人でもちょっと不気味だな とか思ったら、
子供なんてもうあーた
漏らしてもいいからトイレ行かない!(`・ω・´)てなもんですよ。


なんか・・そんな感じです


おわり。

sponsored link




sponsored link


超どーでもいい話です。(・∀・)

そして前に書いたかもしれないけど思い出したから書く、
そしてちょぴっと下ネタ?です。間違っても上品ではない。
超暇な人だけ読んでください。m(__)m



昔のTHE昭和の家って断熱材とか入ってなかったじゃないですか 木造の普通の家さ。
壁の中が空洞で超寒かった。
気温も昔は低かったからほんとうに身にしみる寒さで

という昔話がまあ親との会話でよく出るのですが、

寒すぎた故に起きた事件?事故?がありまして・・・・


小学校何年だろう、高学年ではない(;・∀・) 三年くらいかな~忘れた


実家は隣が畑だったのもあってか吹きさらしで極寒で、(雪国ではない)
冬はすぐ水道が凍るわ玄関が凍って開かないわツララに刺されるわ
家の暖房スペックは、暖かい石油ファンヒーターは居間に一台で、
二階の私の部屋は小さい電気ストーブのみ。
もちろん就寝時は消すのだけど、寝具のスペックも今みたいなふかふかの羽毛布団とかじゃない、
重い綿の布団で全然暖かくならなく、室内だけど吐いた息は白く、
布団にくるまっても暖かくなるどころかどんどん冷え切ってしまって全然眠れない
という厳しい環境で。

いつも朝になると、
一階に降りて誰も起きてなければすぐ石油ファンヒーターのスイッチを入れて、
その真ん前に丸くなってヒーターが点くのをまつ(昔のはスイッチいれてからたぶん三分くらい?暖気が出るまでかかったと思う)
丸くなるというのは、文字通りほんとうにダンゴ虫みたいに頭を抱えてできるだけ丸くなる状態です。
そのくらい寒かった。

我が家は親父のいびきがうるさいという理由で家庭内別居(というネタっちゅーかそう言ってた。)
で、父以外全員二階で寝て、父だけ居間に布団敷いて寝てた。


その日も一生懸命布団の中で足をこすり合わせてなんとか暖めよう暖めようとしてたけど限界だった。

全然眠れないまま朝を というかもう朝なのかわからんどうでもいい、限界!!
と思って、一階のヒーターつけてとにかく温まろう、と思った。

真っ暗なまま居間に行き、もちろん誰も起きてないからヒーターもついてないので、
ポチっとつけてその前で点くまで丸くなって震えてた。


そしたら(*´∇`*)

横に敷いてる親父の布団がバタバタしだした。

寒すぎて顔もあげたくなかったが、母の声で、
「え、ちょ、降りてくるの早くない??」
とかなんとか聞こえたのでチラっと見たら、

布団から母が出てきたwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwww(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)


はい、
これが、私の、「両親のみちゃった話」です。(・ω・)


だけどもう、あれ?なんでかーちゃんがとーちゃんと一緒に寝てるの??なんか裸じゃね
とかもうどーーーでもよかった。
チラっと一瞥して一言も発さずまたダンゴ虫に戻った。
母がなんか慌ててんな、とかもうほんとうにどうでもよかった。

そのくらい寒かったという話。( 一一)


なんならかーちゃんも寒いからとーちゃんの布団で暖をとってたんかなと思うくらいに
裸だとかいつ下に降りてったんだろとか他の違和感をすっ飛ばして寒さが思考の基準になってた。



で、こんなことあったねー てこの昔話になると、

母 「あの家断熱材入ってなかったからねー。( ̄▽ ̄)」

て、断熱材のせいに毎回する(笑)

親にしてみたら私の、早朝(おそらく4時くらい?)にむっくり起きてきて
ヒーターの前で微動だにせず丸くなる、というのが奇行だったらしく

母 「あの一件がなければ、弟か妹がいたかもしれないのに・・・」

私も下にきょうだいが欲しかった・・・ヽ(#`Д´)ノ 子分ほしかった

家が寒いせいで・・・!(゚皿゚メ)  え 違う?
ていう母娘の笑い話です。


あと、寒すぎると回路が麻痺するのか、
「寒いならなんか着ればいいじゃん」
というのに気づくのがもっとずっと後だった記憶が。(;・∀・)

当時は、寝るときはパジャマ!
て決まってて、そのルールはなんとなく破っちゃいけないくらいな感じだったが、
もう寒すぎるときは半纏を着たまま寝たり、
成長につれスウェットみたいなものになったりと
工夫して寒さをしのぐようになった。


断熱材がないと、雨風はしのげるけど外とあんま変わらん気温な気がする(;^ω^)
押し入れとか寒いんですよね。家の端っことか。


今はもうぬくぬくに慣れちゃって、急に昔にタイムスリップしたら、夏はいいけど冬は無理だろうなあ~(;・∀・)
と、いらぬ妄想。


昔の家、寒かったな
という話でしたm(__)m




sponsored link




sponsored link


あー

どうでもいい話なので暇で汚とかいろいろ大丈夫な人向けでございますm(__)m
忙しい方のお時間は奪いませんのでそこんとこよろしくお願いします。



自室(納戸)を延々片付けてるのですが( 一一) すぐ散らかるから終わりがない

なんちゅーかこう、永久に片付かない感、納戸というかストック置き場にしてるから
物の流動があってからかなんかこうね、散らかった感をなくしたく四苦八苦しているのですが
(狙ったごちゃごちゃ感はいいけど、単に物が多いだけのごちゃごちゃは嫌っちゅーか)

で、
やっぱこれをなくそう、と思い

7266593c (2)
(これは以前使ってたチェストの下部分だけぶった切って再利用してたもの)

外して玄関ホールに置いておいたんですよね。
すぐやればいいのに暇なとき解体しよー と。


で、やっぱやったよ( 一一)


電気つけずにトイレ行こうとして、
足元見えないまま思いっきり蹴っ飛ばしてしまった

855a46ceec3e4bbd333aa6096eec02ec-DSC_0634 (2)

チッ!!(゚皿゚メ)
いってえ~~~じんじんする!ヽ(#`Д´)ノ

でもう〇こしたいからトイレトイレ!(`・д・´)

さあう〇こすんぞと、踏ん張っててふと足元みたら、
血溜まり・・・

(((( ;゚д゚)))ヒイーーーー!
なにこれ なにこれホラー?

いや痛えなと思ったけど血ぃ出てるとは知らず
そんで鮮血の量に一瞬パニクったけど、
指って毛細血管がどーちゃらで見た目の傷に反してけっこう派手に出血するらしいし
そんで今う〇こ止められないしな・・・
と、ぼたぼた垂れる血を眺めながらう〇こしてたわ
どうすることもできん

済んで血とかも拭いて風呂場で足洗ってとりあえずばんそうこう貼ろうと思ったけど

みんなだいすき豚足だお☆
e48905cbe54fcc532edcafecff3f98ac-DSC_0631 (2)

でかいサイズのばんそうこうって、セットで買うと二枚とか入ってるじゃないですか、
いつも、
「うちは子供がいないし、こんな怪我することはないからこれ使わないよなー」
て思っても毎回使い切る!
いやむしろ必須なんじゃとようやっと気づいた( 一一)


はあ・・・
血ぃ止まらんし、今日は犬のシャンプーしたかったけどやめて、
おとなしく書類の整理でもすっかな

と、

441f99cec43292f365ac4ad644ba0703-DSC_0660 (2)

ファイルボックスにつっこんであるだけの取説とか保証書を、
わかりやすくまとめたいと思い、

いらんやつを分けたりしてたらたったこれだけのことなのに2時間近くかかってしまった(´;ω;`)

b530ee6751397256210731964b99dc1d-DSC_0645 (2)

細かいやつはクリアファイル?クリアブック?に入れて~

と、戻すときにそばにあった脚立邪魔だな と思い、
閉じた状態で自立させてたら、

ドン!

と鈍い音がして嫌な予感( 一一)
脚立倒れた

420141e41c13b1adce9600369792812b-DSC_0640 (2)

はい壁凹んだ~~~

2969440a47a92792cc3b044b5a088660-DSC_0638 (2)

あーあー
わかんないわかんない
遠目で見たらわかんないからOKヽ(#`Д´)ノ


だけど言えばわかる(´;ω;`)


もう
なに?
あれかい?
私は動かないほうがいいのかい?


ちなみに棚蹴っ飛ばしたとき巾木もやられてた

d79825593844c8f01d480c81ca896f5e-DSC_0636 (2)

でもほらあれでしょ?
巾木なんてこういうときのためのものだから
こんなくらいどってことないっしょ( 一一)

あー でも塗装ハゲは目立つな・・ ちょっとだけど塗らなきゃ

また忘れて蹴っ飛ばす可能性あるから棚は早急に解体した。



はあ・・・
はやく普通の人間になりたーい(´;ω;`)


そんなこんなの今日の日記でした。


おしまい

sponsored link




sponsored link


しょっぱなから大袈裟に騒いでおりますが、
80%くらいの人にはどうでもいい話です。

私にはどうでもよくない!(`・ω・´) 

ただ誰かに一方的に聞いて欲しいから書く。


ヤフーの記事読んでたら、マックの話が
(リンクいつまで有効かわかりませんが貼っときます)


全然知らなかったんですけど、
(もともとそれらが入ってるバーガーなら)
ピクルスとオニオンって無料で増量できるんですって・・・!


いやあああぁああぁああぁあぁぁぁぁぁぁっぁ

知らなかったぁぁぁぁぁぁぁ(´;ω;`)


ダブルチーズバーガーが好きで、
いつもピクルスは人のを奪って勝手に増量していたのに
(ピクルス苦手な人多いのでくれよーって聞く(笑))
そんでもって、オニオンは、これもっと多ければもっとうまいのになあ
と思ってたのに

もう知ったらそっこうマック行くもんね(`・ω・´)
なんなら三日前にも月見バーガー買いに行ったけどまた行くもんね

09a74f979d11b59e40d80bb7d67d8707-DSC_0362 (2)

ちゃんとわかるようにシールがあるんすね。
各バーガーのソースも無料で増量できるぽいけど、
トマト(が入ってるバーガーは)は有料みたいです。



ちょっとお行儀悪いけどオープンしてみます

5aa49cb013cb7e72d13acc1e42f9717f-DSC_0363 (2)

(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)(☆゚∀゚)

イエエエエエエエエエエい\(^o^)/

いっぱい入ってるうううう!
ピクルスはいつも二枚だけど四枚!
オニオンもしっかり増量してる!

もうね、デフォルトでこれがいいですよ。
完璧だ。
なんならオニオンはもっともっと溢れんばかりに多くてもかまわない。
(もう自分で足せよ・・・・( 一一))


とまあ、テンションあげあげで食べてたんですが、

私はマックをよく食べるくせに、
マックの事全然知らないし調べたこともない・・・(;・∀・)
なんならアプリみたいな?のも入れてないので、
いつも夫がいるときに夫のケータイからクーポンとかやってもらってる。
(でもこれはこれでいい気がする。一人でいるときに無限に食うこと防止で(;^ω^))

いちばんハマったのは、上のリンク先の記事のマック大好きな方も書いておられる、
2010年のテキサスバーガー。
あれは衝撃を受けて、毎日食べた(;・∀・) 通った。マックに。
最近、去年だか一昨年だかに限定復活したのだが、それは似て非なるものだった・・・( 一一)
なぜまったく同じものを復活してくれない?!
なんでオニオンチップ(?)じゃなくてドンタコスが入ってんだよ!(どう見てもドンタコス)
私は暴れた。
そしてチキンタツタはレギュラーメニューに戻してくれ。
いつの間にかいなくなってるクオーターパウンダーも戻してくれ。



あれっ
テンションあがってうまうまー!\(^o^)/な話だったのにいつの間にか愚痴になってる

ちなみにカロリーとか塩分とか考えたことはない。

私は多分アメリカには住まないほうがいいと思ってる。


おわり。

sponsored link

↑このページのトップヘ