sponsored link


無知ってこえーのー。


本当に、何考えてたんだかまったくさっぱりわからん、 まあ、何も考えてなかったんでしょうな。


今なら、ちょっと前の自分ぶっ飛ばしに行くわ。
いや、行かなくていいか・・・


結果論はよかったので。
騙されたり変なこととか特になく、土地を買い、家を建て、普通に暮らせているのだから・・・


しかし、結果がすべてとはいえ、過程があまりにもよろしくない。
よろしくない っつうか、軽い!



まあ、私みたいな人は多分いないだろうけど、アホだな って思い出したから書いとく。



当時 っつってもまだほんの二年くらい前、家ほしーなー って思いはじめていました。

ただ、まだぼんやり、なんとなく、いつかは・・・くらい。
その時はインターネットではなく、(ネットは普段使わない人)本屋さんに行って、それらしき情報が載ってるものを買って眺める程度でした。

スー🔴の(伏せる必要あんのか・・・?) 「神奈川で建てる注文住宅」 みたいな、300円くらいの情報誌?
分厚いやつ、買って読んでた。
まるで何も決まってないのにゼ🔴シィ買う結婚に憧れてる女のように・・・・


あれ見ると、
「なんだ、高そうなハウスメーカーじゃなくても、1000万円台でこんなに建ててくれる会社が県内にあるではないか!」
と、なーんだ どこにだってあるんじゃん って気になるから危険。

しかしその情報誌を読まなかったら知らなかった工務店ばかり・・・
工務店は、大々的なテレビCMとかできないぶん、こういう情報誌で宣伝すんのね。


そんで、その本の、1000万~2000万くらいの施工例のページを見ると、だいたいわかってくる。
本で宣伝するくらいだから、この施工例がその会社を代表するような 「超いい」施工例 ってこと。
てことは、これより下手すりゃ魅力二割くらい減・・・ (勝手な妄想です)

2500万~のページを見ると、さすがに違いが出る。
この家いいじゃん ってのはだいたいお高い。 
この情報誌(確か、年4回発行、今は知らん) 一年半くらいか?買って、一周したな。
この会社また同じの載せてる~ またこの家~ とか、 勝手に買って勝手に飽きちゃったんだよね。


まあ、(ローコスト系で)ピンとくる会社がなかったというか、見すぎてダレちゃったというか。


そんで、夫が土地の情報を見だして、暇だからって不動産屋に話聞きに行こう ってなったのがはじまり。
その前に住宅展示場とか行ってるけどね、そんときは冷やかし半分だからさ、


その不動産屋の選び方も、 「湘南で一番!」 みたいなとこじゃないとこ・・・(笑)
湘南のみなさんご存じ、あそこじゃないっす(笑)
お客さん多いとこだと騙されたりしそうだと思ったのか夫 ←なんかそんなようなわからん理由だった気がする


まあそこで、土地探しするってーと、いろいろ話するよね。

まったく知識がないので、なーんも調べてないし、なーんも考えてないよ って 伝えた。



不動産屋さん 「工務店はどことか目星ついてます?」 

私 「うーんあんまし、いちおスー🔴とか、雑誌みてるけど」

不動産屋さん 「こことか こことか 知ってます?」

て いろいろ教えてくれた会社が、あのスー🔴には載ってない会社ばかりだったんだよね!!

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?  まだ知らん会社があるんかい!
てか、スー🔴がすべてかと思ってたよ・・・

というか、あとから知ったが、湘南のステキビルダーって、スー🔴に載ってないとこ多い・・・(当時の時点でね!今は知らんよ)
みんなどこで知るの??湘南スタイルとか??


で、うちに合いそうな、不動産屋がすすめた工務店のパンフレットをもらって帰った。

「不動産屋の~紹介って~どーせマージンとかでさーうまみがあるから客紹介すんでしょ~?あやしい!」
↑ て、 えー て思って ハハハ
このときは、パンフをうちわがわりにして ここにしようとか考えなかった。


でもね・・・ よくよく見ると、この工務店の施工例、スー🔴のそれと、ちと違う。
おしゃれじゃん!? あと、いろんなテイストの家があって、 なんか言えばなんでもできそうダヨ??


土地探しも、今考えると、賃貸物件を探すかのような軽さで決めてしまった。
何件か適当に見て、ないねー  どうするー? てしてたときに新着で出た物件見て、これいいじゃん、ここにしよう
くらいのノリ。
で、はやく決めて契約しないと! て勝手な焦りがあったため、工務店の契約が超いい加減なことに・・・・(笑)


不動産屋さんと話してて、「こういう家が建てたいんだ」 て ←それはビルダーに説明せい・・・
熱く語ってたときに、
不動産屋さん、建物に詳しくて、私も夫も好きな建物があるんだけど、それを知っていて、
ちょっと話が盛り上がったのね。
そしたら、
「その工務店なら、えーとか言いながら多分やってくれると思うよ」 と、褒めてるんだか褒めてないんだかわからんこと言っちゃって。
そんで聞けば、その不動産屋さんの親類のお宅もそこ紹介したというではないの。
担当者の方は、自宅のリノベをそこで頼んでて、(写真見せてもらった)
へー、 信頼のある地元工務店ってかんじじゃん?
と思ったら、不動産屋さん本音が。
「ちょうどいいんだよねー」 て(☆゚∀゚)
ちょうどいい って(笑)  最高でも最低でも素晴らしいでもなく
ちょうどいい・・・・

へえ、行ってみましょ! その工務店に!(・∀・)



なんか長くなっちゃったから
いったん切ります。  その2に続きます。